簿記英語 Bookkeeping English

簿記の勉強するぞ〜!

最近簿記を勉強している私、BEEBです。

英語の勉強は好きで何時間でも続けられますが、簿記や数学となると勉強方法がいまいちわからず、ついつい脱線気味になってしまいます。毎日コツコツ勉強&繰り返しの演習が全てだと分かってはいるんですけどね…。やはり「好き」が第一モチベーションではないので、テキストを開くのが億劫になることもあります…。

そしてついつい検索沼に突入してしまうのです。

簿記は英語では、BOOKKEEPING

Bookkeeping is the recording of financial transactions, and is part of the process of accounting in business and other organisations. (wikipediaより)

Bookkeeping(ブッキーピン)が鈍って簿記(ボキ)になった、というのはいわゆる「諸説あり」ですが、この言葉を思いついて、漢字を当てはめ、さらに「帳簿記入」と単語の帳尻を合わせた訳者はそうとうニヤリとしたでしょうね。

で、一体何のBOOKをKEEPするのよ?

ここでのBOOKとは、「Cash book」のこと。日本語では「現金出納帳」と言います。

文具屋さんでひっそり売ってる、アレです。アレ(BOOK)に日々の商業活動を書きためていく(KEEP)のでBOOKKEEP。なるほど。

そしてそれを行うスタッフはBOOKKEEPERです。なるほどなるほど。

あれ?TOEIC頻発単語の「ACCOUNTANT」はどこいった?アメリカ人に違いを聞いてみました。

A bookkeeper is the same as an accountant, generally. An accountant (CPA) has a degree in accounting from University, where a bookkeeper doesn’t necessarily have formal training.

Bookkeeperは一般的にはAccountantと同等。

Accountantは大学の会計学の学位を持っているがBookkeeperはそういった公式の教育を受けているとは限らない。

とのことでした。私は会計学を履修していないのでやはりAccountantを名乗ることはできません。

さて、日本語でもチンプンカンプンな簿記用語ですが、英語と絡めたら多少は理解が進むかもしれない!と(浅はかにも)考えた私はいろいろ調べてみました。

会計英語のとっかかりとしていくつか挙げますのでご覧ください。

会計・簿記用語 

Accountant(名) 会計士(会計学の学位を持つ有資格者)
Bookkeeper(名) 経理担当者
Bookkeeping(名) 簿記 「ぼき」という読み方はBookkeepingから来ているとの説あり。
(動) To do bookkeeping
Journal(名) 日記、日誌、仕訳帳、新聞や雑誌などの刊行物
(動) To keep a journal
Financial(形) 会計の、経営の
cash receipts and disbursements現金の受取と支払い
bank deposits銀行口座への入金
withdrawals出金
general ledger総勘定元帳
ではでは、

ではでは、また。